【お名前.com+さくらサーバー】Search Consoleを設定する方法

【お名前.com+さくらサーバー】Search Consoleを設定する方法

今回はお名前.com でドメインを取得し、サーバーはさくらのレンタルサーバ を利用している方を対象にSearch Congoleの設定方法を解説していきます。

ハマりポイントもありますので注意して進めていきましょう。

Search Consoleの設定

Search Consoleにログインします。左上のプロパティを検索というところをクリックするとメニューが出てきますので、一番下のプロパティを追加をクリックします。

プロパティを追加

プロパティタイプの選択

プロパティタイプの選択というポップアップが開きます。今回はドメインでの設定をしたいので、入力欄にドメインを入力し続行をクリックします。

TXTレコードに入力するテキストをコピー

「google-site-verification=〇〇○」という部分をコピーします。

お名前.comの設定

ドメインNaviにログイン

ドメインNaviにログインします。DNS設定/転送設定を開き、設定するドメインにチェックを入れて次へをクリックします。

DNSレコードを設定

DNSレコードを設定するをクリックします。

Search Consoleの画面でコピーした「google-site-verification=〇〇○」をTXTレコードに追加します。ここがハマりポイントなのですが、さくらのレンタルサーバーを利用している場合、お名前.comにTXTレコードを追加してもさくらのレンタルサーバーの方のTXTレコードを参照してしまうためSearch Consoleで認識されません。

そういった場合はSearch Consoleで所有権を確認できませんでしたという画面が表示されDNS TXTレコードが「v=spf1 a:www〇〇〇〇.sakura.ne.jp mx ~all」というふうに表示されると思います。

この問題の対処法は、お名前.comの方でAレコードとTXTレコードを設定し、ネームサーバーをお名前.comのものに戻すことです。

Aレコードは、ホスト名は空欄、VALUEにさくらサーバーのサーバコントロールパネルのサーバー情報に表示されているIPアドレスを入力します。

TXTレコードも、ホスト名は空欄、VALUEに「google-site-verification=〇〇○」を入力します。

そして、DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認にチェックが入っていることを確認してから確認画面へ進むボタンをクリックします。ここで注意することは、ネームサーバーを変更すると一時的にサイトが見れなくなる可能性があることです。そのためサイト立ち上げ初期のアクセスがない状態の時に設定してしまった方が良いです。

ここまでできると、Search Consoleの画面が所有権を確認できましたに変わるはずです。もしエラーが出る場合はもう一度手順が間違っていないか確認してみましょう。